« 今日のAmazon物資 (2011/09/21) | Main | たるやで飲み〜 »

2011.10.06

UEFI搭載のPCではCDブート待ち画面が2回出てくる?

仕事で第2世代Core i3プロセッサ搭載デスクトップPCにWindows 7 x64版のインストールを行っていて気付いたのですが、32bit版Windows 7のリカバリパーティションを残したままインストールできたものと、そうでないものがありました。
どれもHPの同一機種なので違いは無いはずなのですが、よく見ると、このPCではCDブート待ち画面が2回出てきました。

ふと推測してみたのですが、どうやらこういうことのようです。

  1. PCの電源を入れるとUEFIが起動する
  2. UEFIがWindows 7 x64インストールDVDのEFIブートを読み込みブート待ち画面を表示する
  3. EFIブート待ちがタイムアウトするとBIOS互換のCSMが起動する
  4. CSMがWindows 7 x64インストールDVDのBIOSブートを読み込みブート待ち画面を表示する

上記の2.でブートするとEFIを前提としたハードウェアとなるため、ハードディスクのパーティションマップはGPTである必要がでてきます。
そのため、32bit版Windows 7で使用しているMBRは使えないため、パーティション全体を削除してGPTにする必要がある、ということのようです。

逆に4.でブートするとBIOSを前提としたハードウェアとなり、ハードディスクのパーティションマップが従来通りMBRである必要があります。
こちらのモードでは32bit版Windows 7と互換性があるため、リカバリパーティションを消去すること無くx64版Windows 7をインストール可能です。

Windows 7 x64版はEFIとBIOSの両方をサポートしていますから、ハードウェアによってはこのような状態になるようです。
で、EFIでインストールする or BIOSでインストールする、のどちらが良いかですが、

  • CSMはUEFIからCSMを呼び出すまでの待ち時間が発生するので、理屈上はUEFIからOSを起動した方が起動時間が短くなる
  • 起動ディスクに2TB超のハードディスクを使用する場合はGPT必須のためEFIでインストール
  • 2TB未満の起動ディスク、かつ32bit OSのリカバリパーティションを残したい場合はBIOSでインストール

ということになると思います。
この辺りはメーカーのサポート情報やマニュアル見ながら確認ですが、UEFI搭載PCのOSインストールには注意が必要そうです。

|

« 今日のAmazon物資 (2011/09/21) | Main | たるやで飲み〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27186/52919291

Listed below are links to weblogs that reference UEFI搭載のPCではCDブート待ち画面が2回出てくる?:

« 今日のAmazon物資 (2011/09/21) | Main | たるやで飲み〜 »