« VMware Fusion 4.1.1でクライアント版Mac OS X 10.5/10.6が再度使用不可に | Main | カフェ・カバレで昼夕連チャン »

2012.01.09

FLVファイルをPS3で変換無しに再生する

PS3上でFLVを再生するにはPS3 Media Serverを使うのが一般的ですが、ごくまれに再生できないFLVファイルがあります。
PS3 Media Serverでサイズ指定してトランスコードすることで再生できるようになりますが、CPU性能が足りなくて再生が途切れる、画質に不満がある場合はPS3のインターネットブラウザー経由で再生する方法があります。

PS3のインターネットブラウザーはFlash Playerを内蔵していて、FLVファイルを再生する事ができます。
ただ、FLVファイルをWebサーバに置いただけでは再生しないため、何らかの形で再生用のHTMLファイルを用意する必要があります。

ファイルが増えるたびにHTMLファイルを書くのも面倒だし、何かいい方法はないか、と考えたのですが、Mac OS XのWeb共有でファイル一覧を表示し、FLVファイルをリクエストしたらCGIを起動してHTMLを生成するようにすればイケる、と思いつき、少し試行してみたらできました。
コードのチェックは十分ではないので、ファイル名に使用可能な文字に抜けがあるかもしれませんが、参考用として公開します。
動作確認はMac OS X 10.7.2(64bitカーネル)で行っています。

必要なファイルは以下の3ファイルです。

  • HTMLを生成するshellベースのCGI
  • Web共有にMacintosh HD の /Users/Shared/flv フォルダを/flv と/flvcontents の2カ所で公開するための追加設定ファイル
  • FLVを再生するFlashファイル JW Player

上記3ファイル/フォルダを下記の手順に従い所定の場所に設置します。

JW Playerのインストール

  1. http://www.longtailvideo.com/players/jw-flv-player/からJW Playerをダウンロードする
  2. JW Playerのzipファイルを解凍する
  3. Finderから 移動 → フォルダへ移動 を選択し、「/Library/WebServer/Documents/」へ移動する
  4. フォルダ「jwplayer」を「/Library/WebServer/Documents/」フォルダに作成する
  5. JW Playerのzipファイル内のファイルを前項で作成した「jwplayer」フォルダにコピーする

CGIと設定ファイルの配置

  1. CGIとWeb共有追加設定ファイル flv-player.tar.gzをダウンロードする。
  2. flv-player.tar.gz をダブルクリックし解凍する → フォルダ「flv-player」が生成される
  3. Finderから 移動 → フォルダへ移動 を選択し、「/Library/WebServer/CGI-Executables/」へ移動する
  4. フォルダ「flv-player」内のファイル「flv-player.cgi」を移動先のフォルダ「CGI-Executables」にコピーする
  5. Finderから 移動 → フォルダへ移動 を選択し、「/etc/apache2/other」へ移動する
  6. フォルダ「flv-player」内のファイル「flv-player.conf」を移動先のフォルダ「CGI-other」「/etc/apache2/other」フォルダの直下にコピーする
  7. アプリケーション → システム環境設定 → 共有 → Web 共有をチェックしWeb共有を起動する

flvフォルダの作成

  1. Macintosh HD → ユーザ → 共有 フォルダに「flv」フォルダを作成する
  2. 作成したflvフォルダにFLVファイルを移動/コピーする

上記の作業中にいくつかの箇所で管理者認証が必要になりますので、必要に応じて管理者認証を行ってください。
設定完了後、PS3のインターネットブラウザ、PCやMacのWebブラウザ「http://[MacのIPアドレス/ホスト名]/flv/」を開いてflvファイルを選択すればFLVファイルを再生します。

これでPS3でFLVファイルをネイティブ再生できるようになりますが、操作がWebブラウザベースなのと、コンピュータ名で名前解決できない環境ではアクセスが面倒かもしれません。
PS3 Media Serverのリアルタイム変換で問題ない場合は、そちらを使った方が良いでしょう。

ちなみに、CGIはBourne ShellベースでURLエンコードにPerlを使ってるだけなので、Linux+ApacheベースのNASでも動きそうなのですが、無改修でイケるかどうかは不明です。

2012/07/24訂正:
flv-player.conf の移動先が誤っていた点を修正しました。

|

« VMware Fusion 4.1.1でクライアント版Mac OS X 10.5/10.6が再度使用不可に | Main | カフェ・カバレで昼夕連チャン »

Comments

LionのWeb共有の場合、上下に2個のリンクが出ていると思います。
以下の手順でURLを開いてください。

・下側の「お使いのコンピュータのWebサイトは、このアドレスで利用できます。」メッセージの下にある「http://[IPアドレス]/」のリンクをクリックします。

・「It works!」のメッセージがWebブラウザに表示されたら、アドレスバーに表示されているURLの末尾に「flv/」を付けて再度開いてみてください。

なお、設定したMac上でWebブラウザを起動した場合は以下のURLでも開くはずです。
http://localhost/flv/
#このURLはPS3からは使えません。

Posted by: daishi | 2012.07.26 20:29

http://[MacのIPアドレス/ホスト名]/flv/なのですが、[MacのIPアドレス/〜ホスト]のパーソナルwebサイトのことでしょうか?
それをクリックして flv/を入力すれば良いのでしょうか?

Posted by: | 2012.07.24 23:00

すいません、「flv-player.conf」ファイルのコピー先が誤っていました。
正しくは「/etc/apache2/other」フォルダの直下に「flv-player.conf」を置いてください。
#本文は訂正済みです。

これでNGの場合は以下を確認してみてください。
・http://[MacのIPアドレス] でアクセスして「It works!」のメッセージが出るかどうか

「It works!」のメッセージが出てこない場合はMacがPS3からアクセスできない状態なので、
(1) システム環境設定 → 共有 → Web共有にチェックが入っていない
(2) システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → ファイアウォールでアクセスが拒否されている
のいずれかです。
とりあえず、Web共有の起動とファイアウォールが切になっていることを確認してください。

「It works!」のメッセージが表示されているにもかかわらず「Not Found」のメッセージが表示される場合は以下の点を確認してください。

(3) Macintosh HD → ユーザ → 共有 フォルダの直下に「flv」フォルダが存在する
(4) 「flv」フォルダのアクセス権でeveryoneに「読み出しのみ」または「読み/書き」が設定されている

「Macintosh HD → ユーザ → 共有」フォルダはFinderの移動 → フォルダへ移動で「/Users/Shared」と指定すると移動できます。

Posted by: daishi | 2012.07.24 21:16

http://[MacのIPアドレス/ホスト名]/flv/を開いてもNOT FOUNDとなるのですが、何が駄目なのでしょうか? 教えてください

Posted by: | 2012.07.21 20:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FLVファイルをPS3で変換無しに再生する:

« VMware Fusion 4.1.1でクライアント版Mac OS X 10.5/10.6が再度使用不可に | Main | カフェ・カバレで昼夕連チャン »