iPod/iTunes

2013.09.29

iTunesプレビューから1200x1200高解像度アートワークを取得する

最近はRetina化が進んで、iTunes/iPodのアートワークに高解像度のものが欲しくなりますが、なかなか見つからないことがあります。
そんなときは、iTunesプレビューから通常の600x600ピクセルよりも大きな1200x1200ピクセルのアートワークを取ってくるのがよいでしょう。

  1. Googleで「[アルバム名] site:itunes.apple.com」「[アーティスト名] site:itunes.apple.com」と入力してアルバムのプレビューページへ移動する。
    例:「宮川泰 site:itunes.apple.com
    「宇宙戦艦ヤマト2199」オリジナル・サウンドトラック Part.3
  2. 画面左側の小さなアートワークを右クリックして「イメージを新規タブで開く」を選ぶ
    → http://a1.mzstatic.com/us/r30/Music4/v4/2f/a7/83/2fa7830b-360d-9fc5-f354-a61147b23c50/LACA_15336.170x170-75.jpg
  3. アドレスバーに記載されたアートワークURLの末尾にある「.170x170-75.jpg」または「.100x100-75.jpg」の部分を「.1200x1200-75.jpg」に置き換える
    → http://a1.mzstatic.com/us/r30/Music4/v4/2f/a7/83/2fa7830b-360d-9fc5-f354-a61147b23c50/LACA_15336.1200x1200-75.jpg
  4. 書き換えたURLにアクセスして画像をダウンロードする

これで1200x1200ピクセルの高解像度アートワークが取得できます。
ただし、アルバムによっては600x600ピクセルのものを200%拡大したデータもあるので、画像のエッジをチェックして判断することになります。
URLを書き換えるときに「.600x600-75.jpg」に置き換えれば、600x600ピクセルのデータが取得できるので、これと比較してみると良いでしょう。

あと、この方法ならiTunesでアルバムアートワークを取得したときに誤ったアートワークが貼られてしまう場合にも対策可能です。
iTunes Store上にアルバムが存在するのに、誤ったアートワークが貼られた場合は、上記の方法で探すと良いでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.02

Apple、iPod shuffle, nano, touchをリニューアル

AppleがiPodをリニューアルしました。
shuffleはひとつ前のモデルと同じボタン操作のデザインに戻り、nanoはshuffleのタッチパネル液晶付きモデル、touchはiPhone 4ベースに変わった、といった感じです。

この中ではnanoが一番変化が大きいかもしれません。
ビデオ再生、カメラ機能が無くなり、タッチパネル液晶での操作がメインとなったため、操作感がだいぶ異なります。
この辺りは実機が出てから要チェックかもしれません。

iPod touchはiPhone 4の電話抜きモデルですが、今回は前面・背面のカメラを残しています。
無線LAN経由でのFaceTime、HD動画撮影が可能、ということで使い道が増えた印象がありますが、GPSが従来通り入っていないのが残念ですね。
個人的にはApple TVがストレージレス、かつコンパクトになったのが気になりますが、母艦との連携が重要になってきたため、Mac/Win以外を母艦にできるのか、とかが判明してからですね。

Taaban_20100901
今日の夕飯:タアバン ミートターリ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.27

iPod touch 64GBモデル購入

Ipod_20091225_1 iPod touchの容量が16GBで不足気味だったため、64GBモデル(amazon)を購入しました。
iPodは画面汚れが気になるので、パワーサポートのクリスタルフィルムセット(amazon)もセットで買うのが定番です。
今回は適当に貼付けたので多少斜めになりましたが、ケースで保護できているので問題無しとして1枚で済ませられたのがラッキーでした。

Ipod_20091225_2 Ipod_20091225_3
横に並べると実際の大きさは全く変わらないのですが、MacBook Airとおなじ絞り込みデザインをしているため、薄く感じます。
機能の方はボイスレコーダやGenius Mixが使えるようになったりと変更はあるようですが、ほぼ同等の使い勝手ですので気にするところはなさそうです。
ケースの方も初代用を使い回しているのですが、音量ボタンに干渉するようなこともないので問題無しです。

これで手持ちの音楽データと全写真を突っ込んでも空きが半分以上あるので、安心して使えそうですね。

Bellavista_20091226_1 Bellavista_20091226_2 Bellavista_20091226_3 Bellavista_20091226_4 Bellavista_20091226_5
今日の昼飯:BELLA VISTA ピッツァマルゲリータ + Aランチ
昨日に引き続いてハイボールとの組み合わせチェックです。
ハイボールの炭酸水が天然ものでミネラルを含んでいるせいか、塩っぽさを感じるのが水割りとの違いになるみたいで、ハイボールとマルゲリータだとお互いの塩っぽさがポイントになりそうです。
個人的には水割りで甘みが出ているところにマルゲリータの塩っぽさを感じる方が良さげな感じですね。

Doublet_20091226
今日の夕飯:だぶれっと チキン生姜焼き + 半ライス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.11

Apple、新しいiPodを発表

Appleが新しいiPodを発表しました。
全モデルを一新し、現在の円レートに合わせた価格に下げた事でかなり値ごろ感があります。

iPod touchは2年で容量が4倍になったのですが、このペースでいくとあと2〜4年くらいでiPod Classicの容量を抜けそうな感じですね。
iPod用ハードディスクの納入元は東芝ですが、iPodがハードディスクからフラッシュメモリに置き換わった時には、1.8インチハードディスクの製造を終了するかもしれません。
ただ、東芝はiPodのフラッシュメモリ仕入れ先のうちの1社ですから、大口顧客を失う、という痛手は少ないかもしれませんが、フラッシュメモリ市場はサムスンなどの競合がありますから、「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」状態になるのは間違いなさそうです。

経済状況がよければ64GBモデルでも買うところですが、まだしばらくガマンするかどうか悩みどころです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.03.13

Apple、曲名読み上げ機能付きiPod shuffleを発表

Appleが新しいiPod shuffleを発表しました。
キーポイントとしては、本体に電源とシャッフル以外のスイッチを持たず、操作はすべてイヤフォン側のリモコンで行うようになったところと、曲名やプレイリストの多言語読み上げ機能がついたところですね。
以前からソート用に「読み」のタグが定義されていましたが、ここのタグも読み上げに活用すると思われます。

以前、物欲さんがiPod "DJ" Shuffle の提案という記事を書かれていましたが、ほぼこれを実現できそうな仕組みができた、ということになります。
日本向け市場には声優ボイスオプションが出ると売れそうな感じですが、イントネーションなどがもっと自然になった外部エンジンを利用できると良さそうですね。 アップルが外部エンジン用のI/Fを公開するかどうかはわかりませんが、ビジネスとして成立できるなら価値はありそうです。
一番簡単なのは、iTunes Storeで売る曲に曲名の音声データをバンドルして売るパターンでしょうけどね。

リモコンの方は以前パナソニックなどが販売していたポータブルのカセットプレイヤーやCDプレイヤーなどに付属していたワンボタンリモコンとほぼ同じ仕組みのようです。
第2世代iPod touchなどで使用できるリモコン付きイヤフォンがそのまま使えるようですから、ShureのiPhone用マイク付き接続コードも使えると思われます。
※未確認のため注意が必要です。

Bellavista_20090312_1 Bellavista_20090312_2 Bellavista_20090312_3 Bellavista_20090312_4 Bellavista_20090312_5
今日の夕飯:BELLA VISTA イワシのピザ + 和豚のグリル
和豚のグリルにピクルスが付いているんですが、さっぱり感バッチリです。
明日はスペシャルな豚が入るみたいなので要チェックですね。
ということで、今月末で終わる木曜洋画劇場予告まとめ版(nicovideo)が(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.09.16

E500PTH、断線

ということで、E500PTHが断線しました。
この前交換したのが2007年12月だったので、9ヶ月程の寿命ですね。

とりあえず、2008年12月上旬までは交換保証が使えますし、その後1回だけは販売店の保証で交換できる見込みですが、そろそろ新しいのを買いたいところです。
ただ、E500PTHクラスの新しい世代のイヤフォンは少ないのが悩みどころです。
ケーブル交換が容易なTriple.fi 10 Proあたりが良さそうですが、音が気に入るかどうかがポイントですね。
評判をチェックする限り、SHUREよりも音場感があるみたいなので買っても損はしなさそうです。

後は、アップルの純正インイアフォンも試してみたいところですが、新しいtouchとセットで買うとリモコンが使えて重宝しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.10

アップル、新型iPod nano, iPod touchを発表

ということで、イベントで正式にiPod nano、iPod touchの新型が発表されました。

iPod nanoは初代の縦長の形態のまま画面を大きく取ったデザインになり、シルバー+ブラック+7色の9色構成になりました。
価格は16GBが$199、8GBが$149、ということなので、日本では現行の8GB(23,800円)、4GB(17,800円)と価格据え置きで容量2倍になりそうですね。
ただ、16GBモデルについては来週発売、8GBは即日発売となっています。
16GBが欲しい方は予約した方がいいかもしれません。

iPod touchはスピーカー内蔵、ボリュームコントロールスイッチが本体に搭載、Nike+iPod対応などが含まれているようです。
価格は32GBが$399、16GBが$299、8GBが$229、ということなので、こちらも現行の16GB(48,800円)、8GB(36,800円)と価格据え置きか若干安くなって容量2倍になりそうです。

touchだけでなく、nanoも傾きセンサーがついているようで、本体を振ってシャッフルする機能が新しく搭載されます。
あとは、2ドライバ仕様のインイヤフォンが新しく発売されるようです。
ウーファーとトゥイーターが独立したタイプで$79と破格のプライスを付けています。
日本でも10,000円以下で購入できそうですから、こちらも期待ですね。

ということで、朝には確定情報がアップルから流れそうですね。

追記:アップルストアが更新されました。
日本での価格はほぼ予想通りですね。
iPod classicとiPod shuffleもリニューアルしていますが、classicはついに120GBオンリーになったので、最大容量の160GBは無くなるようです。
一応、旧モデルと価格据え置きで容量1.5倍なのでお得ではありますが、容量第一主義の人には少し不便かもしれないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アップル、メディア向けイベントで新型iPodを発表?

ということで、新型iPod発表イベントが日本時間の午前2時から始まります。
iPod nanoが8/16GBに増量、iPod touchは第2世代に更新するものの容量増量はなしと噂が出ていますが、値段が1グレード下がって32GBが買いやすい値段になるならそれも良しです。

いろいろなサイトでイベントのライブ実況をやるようですから、こちらもチェックですね。

とりあえず、ネットのアップルストアがWe'll be back soonになっていますので、何らかの新製品が出るのは確実そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.08

iTunes Storeで交響組曲ドラゴンクエストシリーズが

iTunes Storeを眺めていたら、都響版ドラゴンクエスト1〜7が売っている( iTunes)ようです。
SUGIレーベルはソニーミュージック/アニプレックス扱いだと思っていたのですが、iTunes Storeで扱うようになったのは一歩前進ですね。

幸い、アートワークも取得できるようなので、アートワークが小さくて困っている方には朗報かもしれません。
iTunes Storeで設定している曲名、アルバム、作曲者などを同じにするとアートワークが取得できるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.13

iPod touchではRadio Remoteが使えない

Ipodtouch_20071212今日からiPod touchを通勤に使っていますが、Radio Remoteを使おうとしてつないだところ、サポートされていない、という警告が出ました。
もともと第5世代iPod用に買った物なので無駄金を使った、というものではないのですが、ちょろっと不便です。

iPod touchの仕様のオプションにはRadio Remoteも掲載されているのですが、Radio Remoteの商品情報にはiPod touchが対象機種の載っていないので、実際には使えません。
この辺、勘違いしやすいのでちょっと困りますね。

touchの操作は便利なのですが、フタ付きケースに入れると操作が少し面倒なので、リモコンの対応は行ってほしいですね。
Bluetoothがあれば、AVRCP対応のBluetoothリモコンで操作、ということもできるのですが、この辺は次の世代のtouchの課題かもしれないですね。

Doublet_20071212 今日の夕飯:だぶれっと ミックスグリル ガーリック + 半ライス ¥1,350

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧